Miho's Blog

似合う襟あきの見つけ方


朝晩の気温が急に下がって、セーターの季節到来🤧

先月参加させていただいたOggiParkにて一番質問の多かった「私に似合う襟あきは?」について、お答えさせてください!


まずざっくり申し上げると、首の長い人はタートルネック、短い人はVやラウンドネックなどがしっくりきます。ニットでもシャツでも’襟あき’については、首の長さと肩幅や傾斜(撫で肩・いかり肩)との調和。色々試すのは面倒ですよね?簡単な方法があります😊

クローゼットからお手持ちのニットやトップスを出して「よく着ているもの」の’襟あき’を観察してみると👀自ずと答えが見つかります!

Vネックばっかり?タートツネックばっかり?ではありませんか?

私の場合は、首が短くなで肩なので、よほど色とデザインが気に入った場合を除いて、セーターはVネックしか着ない、またはボートネックやラウンドの深めと決めています。そうすることで、一目惚れで買ったけれど一度も着ていない、などのMOTTAINAI現象を減らせるかも。


下記に今シーズンのニットを例に挙げてみますね✨



1.左:ラウンドネック(広め・狭め)と右: Vネック(深め・浅め)は、首の短い方や太い方などスッキリ見せることができます。特に深Vは、顎のラインがシャープな方にも◎。「私、ものすごく首が長くてストールやネックレスを巻かないと寂しい」という方を除いてVネックは比較的どなたでもスッキリ見えます。






2.左:タートルと右:オフタートルは、首の長い方、またはそれほど長くはないけれど、いかり肩気味の方向き。似合わないのはわかっているけど寒いので、どうしても着たい!という場合は、少し首から離れた右の赤ニットのようなオフタートルを選ぶとすっきり見えます。今年はオフタートルは特に豊富に出ていますよ。




3.左:ボートネックと右:ドレープネックは、首長さんのタートルネックに対して、首が短かめ、なで肩の方が似合うデザイン。特にしっかりいかり肩の方が左のボートネックを選ぶ際は、肩が強調されて無駄に大きく見えてしまわないかどうか、慎重にチェックしてくださいね。😄

また、右のグレーのドレープネックは、フェイスラインが丸顔・たまご型で、なで肩気味の方は着映えするデザイン。見かけたらぜひ試着してみてください。


以上、あなたのクローゼットにあるトップスは、どんな襟あきでしたか?同じようなものを買ってしまう、というのは無意識にそれが’似合う’と実感しているからかもしれません。自分に似合うキーワードを見つけて勝負ニット&トップスが見つかりますように✨✨✨


#mihoarakawa_fashion

#おしゃれ迷子

#似合う服

#襟開き

#骨格診断

#骨格タイプ診断

#パーソナルスタイリスト

#パーソナルスタイリスト東京